by CHEERSWe are the first in Tohoku! 高校英語教科書:「ATLANTIS」

みなさんにお知らせです :)

既にご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、この度、代表著作者:Steven Mitchell で申請しておりました、高校英語 Oral CommunicationⅠの教科書「ATLANTIS」が、文部科学省の検定に無事合格しました!!

東北発!そして代表著作者が外国人ということに関してはなんと日本発!その「ATLANTIS」がここCHEERSから誕生です!!

検定合格までの道のりは長く厳しいものでしたが、これからの日本の英語教育の改革を導く一冊になるべく、試行錯誤の末、異例の快挙を成し遂げることが出来ました。

これもみなさんの日頃の多大なるご支援のお蔭と、スタッフ一同心より感謝致しております。本当にありがとうございます。

これからもスタッフ一同、今まで以上に頑張って参りますp(^-^)q

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

≪The future of English education in Japan starts here and now.≫

Tags: ,

8 Comments for “We are the first in Tohoku! 高校英語教科書:「ATLANTIS」”

  1. kazooht より:

    本日の新聞記事を見た者です。神奈川県の私立高校で教員をしてます。是非とも、Atlantis を拝見したいと思っていますが、どうしたら入手できるんですか?

  2. Hitomi より:

    kazoohtさん

    お問い合わせありがとうございます!

    既に発行済みの2冊:ATLANTIS Oral CommunicationⅠ
                  ATLANTIS Oral CommunicationⅡ
    でしたら販売可能です♪

    是非ご検討下さいませ :)

  3. mayumi より:

    私も昨日の読売新聞を拝見しました。
    是非教科書を購入したいのですが、可能でしょうか?

  4. Hitomi より:

    mayumiさん

    コメントありがとうございます!
    販売可能ですよ♪
    手続きをお教えします。
    まず、下記のアドレス

    cheers@cheers-sendai.com

    にご連絡先をお送り下さい。
    追って手続きに関しましてご連絡させて頂きます。

    それではご連絡お待ち致しております。

    お問い合わせ誠にありがとうございました :)

  5. Nokki より:

    新しく教科書を購入したものです。昨日届きまして早速読んでます!使いやすくて、楽しい教科書だと思いました。

    特に印象的なのは、最初のナチュラルイングリッシュの紹介です。

    I live in Sendai City. とは言わない、というご指摘はまさに目からうろこでした。こんなこと、日本で英語を習っているだけでは分からないことだと思いました。

    さて、質問です。私は日々小学生や未就学児に英語を教えているのですが、How are you? I’m fine, thank you. And you?と、最初のあいさつで必ず教えています。将来使ってもらうためです。

    でも、Steve先生が新聞の記事のなかでも言われていたように、この表現はあまり自然な英語とは言えない、ということなのですね。

    そこで子ども達にはどのように教えたらよいと思われますか。

    How are you?は、基本的なあいさつの仕方として、紹介した方がいいのでしょうか。I’m fine.という答え方がそもそも不自然なのですか?他の言い方の方がいいのでしょうか。

    どうぞお考えを教えてください。よろしくお願いします。

    最後に、私は埼玉県に住んでいるものです。仙台が近ければ、自分の英語のブラッシュアップにこちらに勉強しに来てみたかった!
    地元でなんらかの方法を探すしかないなぁ!!

  6. Paul より:

    Hi Nokki,

    An adult : How are you ?
    A young child: I’m OK.

    It’s a difficult question !
    Young kids would probably not say anything after I’m OK.
    It sounds too formal to say – And you ?

    Paul

  7. Hitomi より:

    Nokkiさん

    返信が遅くなってしまいまして、大変大変申し訳ございませんでした(>_< ) 確かに学校ですっと教わってきたあのフレーズが実は自然な英語ではないと聞いた時は衝撃的でした。 学校での英語、考えるべきですよねぇ。。。 まぁ、そこを改善すべく試行錯誤の上仕上がった教科書がATLANTISな訳ですが、SteveからNokkiさんのお役に立てそうな内容を入手しました(^-^)b 是非ご参考になってみて下さい♪ Other ways to say ‘How are you?’ How are you doing? How’s it going? How’s everything with you? How are things? How’s life? What’s up?* Some ways to answer ‘How are you?’ Pretty good, thanks. Good. I’m in a good mood. I feel good today. Couldn’t be better. Not bad. Not too bad. Not so bad. I’m OK. I’m all right. Fine, thanks. Can’t complain. I’ve been better. I’ve been worse. Not so good, to be honest. Actually, I don’t feel so great. I’m kind of tired, to be honest. * “What’s up?” is different. Here’s how you can reply: Not much. Nothing much. (tell some news) Other ways to say ‘And you?’ How about you? What about you? You? Yourself? (Repeat the question) 子供たちににAnd you?を求めるのではなく、色んなバリエーションでの答え方を教えてあげるほうがより自然なのかもしれません。または逆に、How are you?とあなたに質問させてみたりするのもひとつの方法ですよね。日本でもそうですが、諸外国でも子供が大人に対して聞き返したりすることはあまりないようです。私たちが習ってきた英語って一体なんだったのでしょうね :?

  8. sasano kazue より:

    はじめまして。 神奈川県の県立高校で今度テキスト使わせて頂きます。
    今までになかった、楽しくて為になるテキストですね。 順をおって、activityのレベルを上げていけるように、丁寧に作られていて、感心しました。 来週初めからの授業が楽しみです。
    実は一つ質問があるのですが、レッスン2でバレンタインデーについての読みものが
    出てくるのですが、これはどうしてですか? 授業では、ちょっと飛ばして
    2月になってからここをやろうかなと思っています。 テキストの各レッスンをどの順にやるかについては自由に考えるということでしょうか?

Comment

コメントするにはログインして下さい

コメントに記入するには、最初に登録が必要です。登録するには・・・

「ログイン」→「登録」→ユーザー名(ニックネームでも構いません)・メールアドレス・パスワード(6文字以上で自由に設定できます)の記入→登録ボタンの順に登録を行ってください。

その後すぐにあなたのメールアドレスにパスワードが確認のため送られます。このパスワードを使い、再度ログインしてからコメントを記入してください。